44歳バラ子のたくらみ

看護や日々のでこごと

症例発表終わりました。

11月21日に症例発表終わりました。

 

6月の終わり頃、患者選び(対象者を選出)から始まりました。

自宅退院をテーマにしたかったのですが、対象者がいなくて...

患者や病状から患者を選出することになりました。

患者選びは、一つのヤマですね。

 

7月に

患者にとって、問題点や介入すべきことはなにか、アセスメントを行う。

患者に行う計画を立てます。

今回コミュニケーションについて、看護を行うことをきめましたが

トイレや移乗動作の自立にした方が評価がしやすいのではないかと

反対意見もあったんですけどね…

 

8月と9月に実際行う。

 

 

10月に文章を作成します。手直と修正ですが、

主任さんが勝手に文章を作ってくれる。

嫌だ、困る...

 

 

11月21日に発表しました。

 

振り返り、あっという間だったけど...

二度やるもんか!

 

 

文章提出すれば、「全体的に浅いですよね。」

 

文章仕上がり、病棟に提出すれば、「こんな事していたの?知らんかったし、」

 

「患者のトイレ一人立ちまだ?遅いね。もう退院なのに、なにやってんの。」

 

 

 

 

看護師、長くやってるけど、悪いところいっぱいあるよ。

きっと、別のうまいやり方あるよね…

 

でも文句ばかりで、傷つくんです。

 

 

明日はマカロンとカステラを買って、

   エステと「くるみ割り人形」行ってきます。

 

 

誰よりも楽しんでくるんだから!