44歳バラ子のたくらみ

看護や日々のでこごと

運転免許返納 その先へ

f:id:flowerflowerchild-k:20190513211708j:plain


 痛ましい交通事故のニュースが続きました。

 

なかでも、高齢者運転事故の遺族の悲しみは

       計り知れません。

 

ずいぶん前ですが、患者さんとの話の内容です。

気がついた時は、運転していて

それからしばらくは、どこを運転しているのか

なんで運転しているのかわからなかった。

運転の前はなにをしていたか覚えていない。

 

 

患者さんは80歳台、男性

認知症の症状がで始めた時期でした。

 

記憶が曖昧で、不安や動揺していたと思います。

そんな状態で正しい判断ができないと思います。

 

そうなる前に免許は返納すべきだと思います。

 

     だけど

 

 

核家族化がすすみ、高齢夫婦や一人暮らしが多い

バスや電車などの交通の便が悪い地域や

病院に行かなきゃならなかったり、

体の不調を抱えているかもしれない、経済状態がよくないかもしれない

 

免許返納ばかり訴え

高齢者の生活状況を知り、必要なサポートや協力がなければ

高齢者の生活は、苦しいものがあります。

 

高齢者の生活や思い状況を理解しなければ…