44歳バラ子のたくらみ

看護や日々のでこごと

家族って…

f:id:flowerflowerchild-k:20190210221225j:plain


病院で働いて長くなります。

患者だけでなく、家族と接することも多くなります。

入院時は、患者の家族が付き添うことが多い、。

家族が面会にが訪れることもよくみる光景です。

まず、家族が訪れる頻度や時間帯は患者によって様々です。

 

患者のNさんの家族は、一週間に一度しかきません。

来ても洗濯物を持ってきたら、すぐに帰ってしまいます。

スタッフはもっと話をしたらいいのに、と気の毒に思ってました。

 

ある日、退院後のお話のため家族面談で妻と話す。

「絶対に家にには帰ってきてほしくない。」妻は話す。

やりとりを繰り返すうちに

Nさんは、家族を顧みずにいたこと、ギャンブルでの借金が多くあり

家族は生活に苦労したことを打ち明ける。

そして、新しい借金が発覚し、その書類をNさんに見せ問いただしていた。

Nさんは何も言わずにいた。

 

家族の関係性や患者への接し方は、今までの患者の行いや、家族の思いを

表していることが多いです。

 

家族は苦しかったと思います。本人も悔いているとは思います。

 

そんな状態の家族に対して看護師はできることはなく無力です。

看護師は患者や家族を責めたり、正したりできません。

 

こういったケースはめずらしいことではありません。

病院で垣間見える家族の関係性をみて、私は今日も家族のあり方を考えます。