44歳バラ子のたくらみ

看護や日々のでこごと

 二の腕ぷるぷるの夏です。

7月も終わりに近づいて、暑くて疲れがとれてくて、

テレビでも40度を超える暑さはと災害だと注意喚起

今までにない感じ…

高齢者や小さな子どもには、身近なひとが気をつけてみていきたいですね。

 

今日のお仕事は、入浴介助です。

ベッドに横たわった状態で湯舟にはいる。

そのベッドは機械操作でゆっくりゆっくりつかっていきます。

 

なかには、状況がのみこめなくて不安になる高齢者も少なくはない。

 

Tさんもその一人で怖くて側にいる私にしがみつく

大丈夫、看護婦がついてますからね。

Tさんは、おとなしくて、自分から話すことはあまりない

「たくましい腕だね。油ものばかり食べてるんじゃない。」

「こんな腕だと、働かせがいがあるね。」

 

 

 

その場にいたみんな笑ってる。

 

なにか起きてもこの腕で患者を受け止めるからね

                    と思う夏の日々