44歳バラ子のたくらみ

看護や日々のでこごと

やっぱりうちが一番

仕事で疲れ家に帰り、子どもきてくれたり

  笑っていると私の場所は、ここだとほっとする。

 

夜勤でうまいこといかなくて、疲れはてふて寝

午後から子ども達が次々と帰り、

「お母さん寝ている時もブタみたい。」

と言われようが、

その後へたくそリーコーダー吹かれようが

いつもと変わらない光景がうれしくて、安心する。

この家で子ども達と寝ることは、とても幸せなんです。

f:id:flowerflowerchild-k:20180901163821j:plain