44歳バラ子のたくらみ

看護や日々のでこごと

お仕事

症例発表終わりました。

11月21日に症例発表終わりました。 6月の終わり頃、患者選び(対象者を選出)から始まりました。 自宅退院をテーマにしたかったのですが、対象者がいなくて... 患者や病状から患者を選出することになりました。 患者選びは、一つのヤマですね。 7月に…

45歳で症例発表しますが、なにか…2

flowerflowerchild-k.hatenablog.com 症例発表は、患者さんの看護や関わりを通じて 学んだことや改善策などを、科学的根拠に沿ってまとめ発表します。 よりよい看護が行えるためのものです。 看護研究は、看護行為そのものや業務の、システムなどを 統計をも…

45歳で症例発表しますが、なにか…

7月8月はあまりブログができず… もともと更新できていないんですけどね(´Д`) 更新できない間は、症例発表に備えて、準備をしてました。 6月の終わりに患者の決定。7月、8月に看護計画と実践を行い。9月の上旬に原稿提出したので、今からが手直し修正…

育児の妄想に称賛を

涼しくなってきました。ご飯を炊飯ジャーに入れっぱなしにしてもいたまなくなりました。( ̄▽ ̄) 患者カンファレンスでのこと、女性患者 I さんについて、 入院前自宅での過ごし方について話題となりました。 I さんは一日に数回庭先で赤ちゃんをあやしていた…

父と娘

入院してきたSさんは、70歳台男性で、脳出血の患者です。仕事中に異変がみられ、救急搬送されました。 Sさんの娘が面会に訪れました。彼女と私は、以前同じ職場でした。 Sさんは過去の出来事を話します。 妻がある日突然出ていかれて、銀行のことや家事全…

巡りあった二人

半年前に入院していた70歳台女性、ひとり暮らし控え目で、おっとりしたかたです。 彼女の身元引受人は近所に住む男性で同じ70歳台毎日面会にきていました。洗濯ものの準備や金銭管理も行ってました。 女性患者に生い立ちや過去のできごと尋ねると素直に…

トイレに何回も行きたくなる兄さま方

5分おき、とまではいかないのですが、 すぐにトイレに行きたくなるのが、前立腺肥大症です。 50歳過ぎに男性の5人に一人は前立腺肥大症、 年齢があがるほど、増加傾向にあるといわれています。 男性は、加齢とともに生殖機能が低下し、 前立腺が退化する…

5分おきにトイレに行きたがるお姉さま方

もう少しで連休ですね。 私はお仕事です. 2,3日前に入院してきたか患者さんは、 おとなしい 80歳代、女性 、仙骨骨折 トイレの訴えあって、トイレへ一緒に行きます。 患者は一人で行くには、まだ不安定であり、 見守ったり手伝ったりしなければならない…

家族って…

病院で働いて長くなります。 患者だけでなく、家族と接することも多くなります。 入院時は、患者の家族が付き添うことが多い、。 家族が面会にが訪れることもよくみる光景です。 まず、家族が訪れる頻度や時間帯は患者によって様々です。 患者のNさんの家族…

介護福祉士のお仕事

回復期病棟病院で働くバラ子です。 一週間前に介護福祉士Sさんが入職してきました。 お昼休み、休憩所で一緒に話していた時のこと 介護福祉士の資格があって働いているが、 仕事の内容は資格がなくてもできることばかり、 資格の有無で仕事内容にも変わりは…

ケアマネージャーを取り残念に思う3つのこと

更新研修があること 更新研修にはお金がかかること 資格が活用できていないこと 試験を受け、研修を5月におえました。 5年後研修を受けなければ、ケアプランをつくれません。 ケアマネージャーあってのケアプラン。 わたしは、看護師のお仕事をしています…